矯正歯科は大阪市阿倍野区のあべの歯科クリニックへ
HOME>矯正と一緒にホワイトニング

矯正と一緒にホワイトニング

ホームホワイトニングの費用は?
白くなる歯とならない歯

※上記費用には、診断料(色調確認、写真撮影など) 模型製作料(型取り、トレー作製など)メンテナンス料、ジェル1本(全顎は2本) が含まれております。
※ホワイトニングに先立って必要な虫歯の検査、治療ならびに歯周治療は別途保険診療となります。

ご注意
  • 歯の色調には個人差があり、必ずしも、すべての方がご希望の白さになるとはかぎりません。
  • 特に変色歯の場合は、まだらに白くなることもあります。
  • 場合により、ホームホワイトニング以外の方法が適切な歯もあります。
  • 詳しくは当診療所スタッフ、担当歯科医師、担当歯科衛生士にお尋ねください。
ホワイトニングとは
ホワイトニングとは

矯正治療と一緒にホワイトニングはいかがでしょうか。
歯並びをきれいにして、歯もホワイトニングすると大きく口をあけて笑えます。
 
ホワイトニングとは、歯を削ることなく歯の着色、黄ばみの部分を化学的に白くする方法です。過酸化水素という薬剤を用いて歯の着色部分を漂白していきます。髪の毛の脱色と少し似ていますね。
時々ホワイトニング中、歯がしみる方がいらっしゃいますが、異常ではないので安心してください。お薬による一時的なものだと思います。
ひどくなければ続けていただきます。そうするとだんだん歯が慣れてきてしみるのが気にならなくなります。

白くなる歯とならない歯

基本的にホワイトニングの対象の歯は、神経の生きている自分の歯だけですので、かぶせや詰め物は白くなりません。
我々黄色人種はもともと歯が黄色っぽいので白くなりやすいです。 でも個人差はありますので真っ白になる人もいれば、少ししか変わらない人もいます。歯が生まれつき黄色っぽい方は白くなりやすく、逆に歯がグレーのように暗い色をされている方は白くなりにくいです。白くならないわけではないのですが、変化がわかりにくいです。
 
たとえば、薬の副作用による歯の着色ですが、生まれつき歯の色が暗く帯状に模様が出ることがあります。
軽度の副作用だと歯が黄色っぽいくらいですが、重度になると歯の色が生まれつきグレーから黒に近い色になります。
 
ホワイトニングとは ホワイトニングをして模様を消すことはできませんが、歯の色を明るくすることはできます。それだけでもお顔の印象が明るくなります。歯の色を気にしつつ諦めてきた方も多いみたいです。
完全な真っ白な歯は難しいかもしれませんが、ちょっとでも明るく、目立たない色になりたいな・・・ということでしたらホワイトニングがおすすめです。削ったりするのはもったいないですし、元に戻らなくなります。
 
歯の悩みは人それぞれ。
タバコのヤニが気になる方、黄ばみが気になる方、歯並びが気になる方etc・・・
 
まずは気軽にご相談を。

ホームホワイトニングとは

ホワイトニングは大きく分けて二種類あります。歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」もしくは自宅で行う「ホームホワイトニング」です。
どちらも主成分は過酸化水素ですが、自宅でされる場合、薬剤が不安定で保管が難しいので過酸化尿素という薬剤を使用します。過酸化尿素の成分の約3%程度は過酸化水素です。この過酸化水素の効果で歯が白くなっていきます。

ホワイトニングに必要なもの ホワイトニングとは
  • 個人トレー(マウスピース)
  • ホワイトニングジェル
  • 歯ブラシ
ホームホワイトニングとは
  • 歯磨きを念入りにする
  • マウスピースの中に薬剤を入れる
  • 口の中に装着する
  • 4~7時間そのままはめるだけ

ただはめているだけで数日後には歯が白くなっていきます。
ただし、最低でも4時間以上はつけていただかないと効果は現れにくいです。毎日毎日つける必要があるので、週に1回やたまーにだとなかなか白くなりません。
 
ホームホワイトニングとは おすすめなのは夜寝ている間にホワイトニングをすることです。もちろん日中でもOKですが少ししゃべり辛くなりますので、お仕事に差し支えなければいいのですがそうでなかったら通勤途中や就寝前などちょっと空いた時間をうまく使って楽しくホワイトニングをしましょう。
せっかくされるのでしたら集中的に2~4週間、毎日やり続けましょう。そのほうが効果が早く、きれいに仕上がります。

ホワイトニング中の注意点

ホワイトニング中は原則飲食は禁止です。喫煙も避けていただかないと効果がでませんのでご注意を。
マウスピースをはずして時間を置いてから飲食や喫煙をされる方がbetterです。